スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投票お願いします♪ こちらもポチっと♪
花後のピクシー
Sun.22.05.2011 Posted in クレマチス
小苗を購入したのが7年前
写真には残せませんでしたが、この春も可憐な花を株一杯に咲かせてくれた、
クレマチスPixieです。買って数年は育て方が分からず、勘に頼って剪定していました。植え替えや施肥のタイミングは、一般的なニュージーランド系(フォステリー系)クレマチスを参考にしていて、特に問題なかったように思います。

旧枝一季咲き(花後に前年伸びた枝を残して剪定)
根が詰まってきたら、花後に植え替え
春秋に緩行性化成肥料を置き肥(開花前にハイポネックス)
乾き気味に管理
極端な夏の直射日光、積雪を避ける

以上のポイントを押さえれば、簡単に育てられます。

写真は花後に剪定した5月の様子です。



旧枝を残しすぎると株元が寂しくなるので、枯れた枝を中心に根元から切ります。すると新芽がたくさん上がります。
弱剪定を繰り返して伸ばしすぎた、途中がハゲた古い枝も、適当に切り戻しましょう。

pixie1105_2.jpg

長い元気な旧枝を2本残して、鉢の縁を目安に切り戻しました。
雪で枯れ込んだ枝を根元から切ったら、根元から新芽が上がってきましたよ。

常緑なので、来年まで枝垂れた葉を楽しみながら育てられます。
病害虫に悩まされたことがなく、とても丈夫な植物だと思います。

関連記事
投票お願いします♪ こちらもポチっと♪

Theme: ガーデニング « 趣味・実用

Tag: クレマチス フォステリー ニュージーランド系 一季咲き

| Home | 一番人気の白、一番乗り~ »

comments

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback

-

管理人の承認後に表示されます


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。