スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投票お願いします♪ こちらもポチっと♪
Half Moon Bridge
Fri.15.02.2008 Posted in 探索記、訪問記
memphis-botanic-garden.jpg 池にかかるこの朱塗りのは静寂園のシンボルです。最も端的に日本を連想させ、緑だらけの園にあってひときわヴィヴィッドです。訪れた人はフラフラとこのを渡りたくなる衝動に駆られるでしょう。「オーウ!オーリエンタルデスネーッ」てなもんです。尚、私の写真ではが真っ黒だったので、公式サイトより拝借しました。

Memphis_bridge.jpg の名前は「Half Moon Bridge(半月)」といい、ベトナム戦争が始まった年、かれこれ40年以上も前に寄贈されたようです。当時のメンフィスにオリエンタルな文化への需要がどれだけあったのか知りませんが(少なくとも今は皆無でしょう)、少なくともこのを贈ったIkebana Internationalなる団体はその年には存在していたことになります。

Half-Moon-Bridge1.jpg 池に錦鯉でも泳いでりゃサマになるでしょうけど、フナみたいなのとアヒルしか見かけませんでした。この、橋の欄干から池を見渡すガイジンの図って日本ではよく見るような光景ですが、ここはアメリカ南部の古い町。そこに大変な違和感を感じました。しかも、なんてベタなんでしょう!

Memphis_Japanese-pond.jpg ベタであることは、分かりやすいという意味で大いに歓迎ですが、詰めが甘いゆえに突っ込みたくなってしまうのです。
 これは沼?水場をしつらえる感覚は分かりますが、こうなっちゃうと東南アジアとゆーか、ジャングルじゃないすか?「繊細さ」という肝心な部分が抜け落ちてるんですよね。そこがとても摩訶不思議な静寂園でした。


 次回、最終回はMemphis Botanic Gardenのさらに奥地へ進みます。
関連記事
投票お願いします♪ こちらもポチっと♪

Theme: 海外旅行 « 旅行

Tag: Memphis botanic garden オリエンタル

« マグノリアと薔薇 | Home | Seijakuen - 静寂園 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。