スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投票お願いします♪ こちらもポチっと♪
Seijakuen - 静寂園
Thu.14.02.2008 Posted in 探索記、訪問記
Memphis_Seijakuen.jpg 「静寂園」と名付けられた日本庭園は、この植物園で最も人気がある場所だそうです。
 入り口の石碑には1989年に作られたとか、造園家やスポンサーの名前が彫ってあります。コンサルタントのDr. Koichi Kawanaはアメリカ合衆国内に14もの日本庭園を作った、その筋の第一人者のようです。惜しくも1990年に他界されているので、このメンフィスの静寂園は彼にとって最晩年の作品のようです。

Seijakuen_entrance.jpg 生け垣の向こうに「静寂園」が広がっています。アメリカ南部のダイナミックな青空に、およそ似つかわしくない静かな佇まいで、日本的に見えないこともないですが、作った当初はもっと繊細な趣があったんでしょうね。 後ろの木々とか、凄い迫力です。ウッソウとしています。

Memphis-images-Japanese.jpg 石灯籠、松、そしてそびえ立つパンパスグラス!芝生が広がる一角に、和洋折衷なフォーカル・ポイントが異彩を放ちます。 
 写真には写っていませんが、この静寂園は大量に自然繁殖したと思しきアヒルが、所々で群をなしており、まとわりついて餌をねだる様は可愛らしいのですが、日本的な情緒をねじ曲げているような。

Corotaderia.jpg パンパスグラスがとても見事なので後ろに回り込んで撮ってみました。3メートルはあるでしょうか。神代植物公園にあるようなので、日本でも大きく育つようですが、イメージ的には日本と言うよりネパールあたりのイエティ(雪男)の方が近いでしょう。
 写真をクリックして拡大してみて下さい。左下にアヒルが見えますか?Dr. カワナには悪いけど、「これのどこが日本的なんだよー」と早くも突っ込み大連発。(海外では声に出して笑顔で文句を言う私です。連中、どうせ意味わかんないから)

Memphis_Gumpo.jpg 日本的と言えば、これ!美しくて、はかなげなのに存在感があります。この草のお名前をご存じの方はおいででしょうか?一応「GUMPO PINK AZALEA / Rhododendron indica 'Gumpo Pink' / Satsuki Type Ericaceae (Heath Family)」と書いてあったのですが、これのどこがアザレアやねん!サツキやねん!て感じです。誰かが引っこ抜けた名札を間違えて挿したのでしょうか?それともホントにこんなアザレアが実在するのでしょうか??


 旺盛に育った樹木がまるで南米のような静寂園、次回に続きます。


関連記事
投票お願いします♪ こちらもポチっと♪

Tag: 植物園 パンパスグラス グラス

« Half Moon Bridge | Home | Memphis Botanic Garden »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。