スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投票お願いします♪ こちらもポチっと♪
ストレリチアが咲いた!
Mon.25.02.2008 Posted in 観葉植物
 2月22日、蕾(仏炎苞)の上部が割れて、黄色の萼が盛り上がってきました。中にある紫色のは雄しべです。
 天気が良かったので、窓を開けて日光浴をさせながら写真を撮りました。もう、すっかり興奮してしまって、仕事が手につきません。

strelizia__bloom2.jpg 角度を変えて見てみましょう。

 見れば見るほど不思議な花です。

 なんだか、生物の神秘を覗いているみたい。

strelizia_bloom3.jpg 上の写真から12時間経ちました。
 オレンジの萼がいよいよ開きそうです。
 その根元には蜜のしずくがビー玉のように光っています。

 そして・・・




 2月23日、咲きました~!ピンと張った紫の雄しべの先の、白っぽく透けた部分が雌しべです。
 オレンジの萼が、ウサギの耳みたいです。

strelizia_flower.jpg 花芽が確認できてから4ヶ月以上経って、ようやくの開花です。なかなか日照不足で豪快に育ってはくれませんが、1つの仏炎苞から、1つの花が咲きました。本当はもっと2つも3つも咲くようなのですが、1つでも嬉しくて舞い上がっています。
 この花は一体どれくらいもつのでしょう?
 もう一つの花はどこから上がってくるのかしら?
 
 何か変化があったら、またこちらにアップしますね。
スポンサーサイト
投票お願いします♪ こちらもポチっと♪

Theme: ガーデニング « 趣味・実用

Tag: ストレリチア 開花

トケイソウが咲いちゃった
Wed.20.02.2008 Posted in 宿根草
Passifloraceae08winterflowe.jpg 2月の終わりと言えど、まだまだ寒い日が続いています。が!ここ数日晴れの日が続いたかと思ったら、室内に入れていたトケイソウの花が咲いてしまいました~。
 蕾の一番外側のガクから徐々に開くという、おかしな咲き方だったので、不発かと思いきや、パカッと開きましたです。
 もう少し暖かくなったら、根元から1、2節残してバッサリ切り、外に出します。梅雨前には植え替えして、鉢も大きくするつもりです。


続きを読む »

投票お願いします♪ こちらもポチっと♪

Theme: ガーデニング « 趣味・実用

Tag: トケイソウ

やっとミニバラを植え替えた
Tue.19.02.2008 Posted in バラ/ミニバラ
torino08change.jpg やっとミニバラ植え替えをしました。写真はローズ・フォーエバー社のトリノ。昨年は剪定しただけだったので思うように咲かず、夏には一鉢枯らしてしまったので、芽が動いていましたが強行しちゃいました。燻炭でマルチングし、強剪定し、石灰硫黄合剤+ダインで消毒も済ませ、ちょっとひと安心です。春の開花が待ち遠しいなぁ。うまく咲いてくれるかなぁ。

Lausanne08winter-change.jpg もう一鉢は頂き物のピンクのミニバラの鉢です。2鉢あったものを、昨夏枯らしたトリノの鉢にまとめて植えました。バラの根鉢いっぱいに入り込んでたムスカリの球根をバラすのが大変でした。
 崩した鉢土の中からセントラル・ローズのネーム・タグが出てきて、名前が判明しましたよ。「ローザンヌ」ちゃんです。むー、可愛い!!
投票お願いします♪ こちらもポチっと♪

Theme: ガーデニング « 趣味・実用

Tag: ミニバラ トリノ ローザンヌ 植え替え 剪定 消毒

マグノリアと薔薇
Mon.18.02.2008 Posted in 探索記、訪問記
MemphisMagnoria.jpg Memphis Botanic Garden があるアメリカ南部は降水量が多く、夏の陽射しはチリチリと肌を焦がすようで、雪はまず降りません。
 右の写真は育ちに育ったマグノリアの巨木。この一帯はマグノリアだらけです。きっと今頃は素晴らしい香りと共に、花満開の時期を迎えていることでしょう。ルイジアナ州の州花であることからも分かるように、この木には南部の気候が合っているのでしょうね。亜熱帯化する東京でも冬に鉢上げすれば育てられる?実は憧れているのです。ミニタイサンボクの良い苗を見つけたら飛び付いちゃうだろうナ。

Memphis_roses.jpg この植物園には他にもサボテンやハーブ等、様々なテーマの園があります。どこでもそうですが、中でもバラは人気があるようです。沢山の種類のバラが植えられていて、すっかり姫気分でした。他の場所は結構手入れが大雑把に感じましたが、流石にここは美しかったです。

Memphis_red-rose.jpg 秋の薔薇は香りこそ穏やかですが、色は鮮やか。写真は電池切れ&閉園時刻が迫っていて思うように撮れず、その素晴らしさがお伝えできないのが残念です。とりあえず、一輪アップでどうぞ。
 エルビス・プレスリーで有名なメンフィスは、のんびりしていて大変いい所ですよ。この植物園ではアメリカ南部の「サザン・ホスピタリティー」をより強く感じることができました。


 海外に行ってもこれまではなかなか植物園を訪れるという発想がありませんでした。でも、この旅行を切っ掛けに、これからは時間の許す限り現地の植物園に行ってみようと思った次第です。

 今月末からロサンゼルスに行くので、どこかオススメがありましたら教えて下さい。
投票お願いします♪ こちらもポチっと♪

Theme: 樹木・花木 « 趣味・実用

Tag: マグノリア 薔薇 バラ メンフィス

Half Moon Bridge
Fri.15.02.2008 Posted in 探索記、訪問記
memphis-botanic-garden.jpg 池にかかるこの朱塗りのは静寂園のシンボルです。最も端的に日本を連想させ、緑だらけの園にあってひときわヴィヴィッドです。訪れた人はフラフラとこのを渡りたくなる衝動に駆られるでしょう。「オーウ!オーリエンタルデスネーッ」てなもんです。尚、私の写真ではが真っ黒だったので、公式サイトより拝借しました。

Memphis_bridge.jpg の名前は「Half Moon Bridge(半月)」といい、ベトナム戦争が始まった年、かれこれ40年以上も前に寄贈されたようです。当時のメンフィスにオリエンタルな文化への需要がどれだけあったのか知りませんが(少なくとも今は皆無でしょう)、少なくともこのを贈ったIkebana Internationalなる団体はその年には存在していたことになります。

Half-Moon-Bridge1.jpg 池に錦鯉でも泳いでりゃサマになるでしょうけど、フナみたいなのとアヒルしか見かけませんでした。この、橋の欄干から池を見渡すガイジンの図って日本ではよく見るような光景ですが、ここはアメリカ南部の古い町。そこに大変な違和感を感じました。しかも、なんてベタなんでしょう!

Memphis_Japanese-pond.jpg ベタであることは、分かりやすいという意味で大いに歓迎ですが、詰めが甘いゆえに突っ込みたくなってしまうのです。
 これは沼?水場をしつらえる感覚は分かりますが、こうなっちゃうと東南アジアとゆーか、ジャングルじゃないすか?「繊細さ」という肝心な部分が抜け落ちてるんですよね。そこがとても摩訶不思議な静寂園でした。


 次回、最終回はMemphis Botanic Gardenのさらに奥地へ進みます。
投票お願いします♪ こちらもポチっと♪

Theme: 海外旅行 « 旅行

Tag: Memphis botanic garden オリエンタル

Seijakuen - 静寂園
Thu.14.02.2008 Posted in 探索記、訪問記
Memphis_Seijakuen.jpg 「静寂園」と名付けられた日本庭園は、この植物園で最も人気がある場所だそうです。
 入り口の石碑には1989年に作られたとか、造園家やスポンサーの名前が彫ってあります。コンサルタントのDr. Koichi Kawanaはアメリカ合衆国内に14もの日本庭園を作った、その筋の第一人者のようです。惜しくも1990年に他界されているので、このメンフィスの静寂園は彼にとって最晩年の作品のようです。

Seijakuen_entrance.jpg 生け垣の向こうに「静寂園」が広がっています。アメリカ南部のダイナミックな青空に、およそ似つかわしくない静かな佇まいで、日本的に見えないこともないですが、作った当初はもっと繊細な趣があったんでしょうね。 後ろの木々とか、凄い迫力です。ウッソウとしています。

Memphis-images-Japanese.jpg 石灯籠、松、そしてそびえ立つパンパスグラス!芝生が広がる一角に、和洋折衷なフォーカル・ポイントが異彩を放ちます。 
 写真には写っていませんが、この静寂園は大量に自然繁殖したと思しきアヒルが、所々で群をなしており、まとわりついて餌をねだる様は可愛らしいのですが、日本的な情緒をねじ曲げているような。

Corotaderia.jpg パンパスグラスがとても見事なので後ろに回り込んで撮ってみました。3メートルはあるでしょうか。神代植物公園にあるようなので、日本でも大きく育つようですが、イメージ的には日本と言うよりネパールあたりのイエティ(雪男)の方が近いでしょう。
 写真をクリックして拡大してみて下さい。左下にアヒルが見えますか?Dr. カワナには悪いけど、「これのどこが日本的なんだよー」と早くも突っ込み大連発。(海外では声に出して笑顔で文句を言う私です。連中、どうせ意味わかんないから)

Memphis_Gumpo.jpg 日本的と言えば、これ!美しくて、はかなげなのに存在感があります。この草のお名前をご存じの方はおいででしょうか?一応「GUMPO PINK AZALEA / Rhododendron indica 'Gumpo Pink' / Satsuki Type Ericaceae (Heath Family)」と書いてあったのですが、これのどこがアザレアやねん!サツキやねん!て感じです。誰かが引っこ抜けた名札を間違えて挿したのでしょうか?それともホントにこんなアザレアが実在するのでしょうか??


 旺盛に育った樹木がまるで南米のような静寂園、次回に続きます。


投票お願いします♪ こちらもポチっと♪

Tag: 植物園 パンパスグラス グラス

Memphis Botanic Garden
Wed.13.02.2008 Posted in 探索記、訪問記
Memphis_entrance.jpg 今日は趣向を変えて、昨年10月に行ったMemphis Botanic Gardenについて書きます。
 アメリカ南部のテネシー州メンフィスにあるこの広大な植物園は、中がいくつものテーマに分かれていて、まともに見ようと思ったら丸一日はかかりそうです。ビジターセンターから奥に進むと、プールをしつらえた美しいエントランスがお出迎え。ちょうどウェディング・パーティーの最中でした。

Memphis_canna.jpg
 竜巻が直撃するようなダイナミックな気候に鍛え上げられた植物たちは、日本で見るよりも、どれもサイズがデカイような気がします。
 似たようなカンナは我が家にもありますが、こちらのは横にも縦にも大きいです。ステーキの肉汁でも肥料に混ぜているのでしょうか?いや、固形肥料代わりにT-ボーン・ステーキでもやっているのかな?

Memphis_field.jpg この写真で見ると代々木公園みたいですが、実際の広さはちょっとしたテーマパーク級です。そこを数時間で駆け抜けようってんだから、無謀ですよね?
 何故って、旦那がホテルで寝てる隙に抜け出したから。ここはダウンタウンから車で20分位の所にあり、裏には洒落たショッピング・モールがあって、メンフィスで最も垢抜けたエリアにあるのです(男性は得てしてそういう所が苦手じゃないですか?)。

 さあ、次からはこの植物園の最も摩訶不思議なスポットをご案内します。植物園についてキチンとお知りになりたい方はこちらにアクセスしてみてくださいね。

投票お願いします♪ こちらもポチっと♪

Theme: ガーデニング « 趣味・実用

Tag: 植物園 メンフィス アメリカ 旅行

丈夫なハツユキカズラ
Tue.12.02.2008 Posted in 常緑多年草
ハツユキカズラ 寄せ植えに人気のハツユキカズラ。ユリオプスデージーやカロライナ・ジャスミンと一緒に植えて、3年目になります。
 伸びすぎた枝をたまに切るぐらいで、何もしていませんが、問題なく育ってます。暑さ寒さにも強く、虫もつかず、手間いらず。楽すぎてハリアイがないほどです。さっき昔の写真と比べたら、緑色が強くなってるじゃないですか。放置し過ぎ?

 多めに肥料をあげると、夏の枝先のピンクがきれいに出るとか?
 いつかお花も見てみたいな。
 
投票お願いします♪ こちらもポチっと♪

Theme: ガーデニング « 趣味・実用

Tag: ハツユキカズラ

NEXT PAGE »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。