スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投票お願いします♪ こちらもポチっと♪
ゴールドクレストII世
Wed.11.05.2011 Posted in 花木いろいろ
一時は里子に出そうとしていたゴールドクレスト
なんだかんだ言って単鉢で育ててきましたが、昨夏に葉の一部が枯れ始め、あれよあれよという間に広がって、枯れた部分を枝ごと切っていたら、全部枯れてしまいました。
原因は分かりません。鉢から抜いたら、根がほとんどありませんでした。
ほんとにごめんなさいなんですけど、挿し木で育ててた子供が、今ではだいぶ大きく育ってくれました。



最初はほんの手のひらサイズでしたが、今では30センチ位あります。
アイビーの「白雪姫」を足元に寄せ植えしています。
コニファーもアイビーも本来は手がかからず丈夫そうですが、とくにこの「白雪姫」は、夏の直射日光にさらしまくるのは良くないです。斑が消えます。

なので、あまり放置しないように、お気に入りのテラコッタ鉢に植えました。
ちゃんと愛でてれば、手入れも怠らず、植物は応えてくれます。
スポンサーサイト
投票お願いします♪ こちらもポチっと♪

Theme: ガーデニング « 趣味・実用

Tag: コニファー アイビー

美しく育てたいものです
Tue.10.05.2011 Posted in 花木いろいろ
昨日の予告どおり、我が家のこまったちゃんを紹介します。
風にそよぐ香木、メラレウカ(ティーツリー)の一種で、
レッドジェムという品種です。
ティーツリーの効果は期待できませんが、細かな葉が枝先で赤く染まり、
本来はとても美しいです。

2006年11月に小苗を購入し、
最初は寄せ植えの材料として使ったりしていました。
その後、大きめな鉢に移植してピンで育てていたら(当時の様子はこちら)、
メキメキどっしり大きくなり、09年には樹高1mぐらいになりました。

その後何度か芯止めしましたが、
置き場に困って鉢ごと花壇に置いといたら、
鉢底穴から根を出して、ガッツリ花壇に根付いてしまいました。
そしたら今では樹幅が100㎝超え。樹高は約170㎝と、さらにビッグに!
(花壇の土の湿り具合がヒットしたようです)。

こうなると手の施しようがありません。



もっさもさです。
もうじき白い花が景気よく咲いてくれるでしょうから、
花が終わったら、今年こそ大剪定しようと思います。
鉢を割って移動させようかとも考えています。
枯れた時の保険に、挿し木を作ってもいいのですが、
この子の挿し木は過去に何度も失敗しています。。・゚・(ノД`)・゚・。
困ったちゃんですが、枯らしたくはないのです。



投票お願いします♪ こちらもポチっと♪

Theme: ガーデニング « 趣味・実用

Tag: ティーツリー メラレウカ 樹木

メラレウカ・レッドジェムの花
Fri.05.06.2009 Posted in 花木いろいろ
 先日もご紹介したティーツリーメラレウカ)のレッドジェム
お花が咲きそろったのでご報告です。



 お花のアップです。枝の先に、それぞれこのような白いフワフワしたお花が房咲きになります。赤い葉先に加えて、お花も個性的でキレイです。おまけに香ります。

Melaleuca-flower-tree.jpg
 
 香木としての効果はメディカルツリーと呼ばれる真緑の品種にかないませんが、花木として楽しむにはこちらが適してます。

 今の我が家ではなかなか目立っていい感じです。

 挿し木で増やそっかな~



投票お願いします♪ こちらもポチっと♪

Theme: ガーデニング « 趣味・実用

Tag: メラレウカ レッドジェム 香木 ハーブ

一才サルスベリ
Tue.02.06.2009 Posted in 花木いろいろ
 昨日サルスベリの話題が出たので、今日は我が家の一才サルスベリをご紹介します。
てっきり「一寸」だと思ってましたが、「一才」なんですね。へへへ。
ペチートスノーという品種で、とてもコンパクトなわりに花つきがいいようです。

Lagerstroemia-indica0905.jpg
 昨年夏にNHK「趣味の園芸」で鉢植えで育てられる小さなサルスベリを紹介していて、早速一鉢求めました。

 東京の酷暑に強く、涼しげな白い花も魅力でしたが、毎年夏に訪れるニューオーリンズに、このサルスベリがたくさん植えられていて、かの地をいつでも思い出せるように、というのが一番の購入動機でした。


 冬に落葉しますが、暖かくなると丸く艶やかな新葉が出てきます。
和の雰囲気にも合うような佇まいです。


Lagerstemina0808_20090528210040.jpg

  こちらは昨年購入した時の花。窓越しにこの花を見るたびに、ニューオーリンズを思い出していました。

 小苗でしたので暑い時期はポットのまま二重鉢で管理し、春に植え替えました。

 本当は2月に剪定するはずが、忘れてしまい、今年はどんな風に咲くのか心配でもあり、楽しみでもあり。


 キレイに咲いたらこちらでご報告しますね。

投票お願いします♪ こちらもポチっと♪

Theme: ガーデニング « 趣味・実用

Tag: 百日紅 花木

寄せ植えは好きですが・・・
Fri.29.05.2009 Posted in 花木いろいろ
 寄せ植えに使った花木の苗って、みなさんどうされているのでしょう?
昨年友人のオランダ土産にもらったオレンジのチューリップと寄せ植えにしていたメラレウカ・レッドジェムの苗。寄せ植えをバラした後、単体で育てていたら、これまた樹高1メートルを越えてしまいました。

Melaleuca-bracteata-Red-Ge.jpg

 葉先が赤くなるティーツリーで、なかなか美しいです。夏の水切れにさえ気をつければ、楽に育ちます。
今年はお花が付きました。小さくてヒューケラの花ぐらいの大きさです。

Artemisia-schmidtiana-0905.jpg

 何度か水切れさせてしまい、気がつくと葉がチリチリになり落ちてしまいました。
なので足下が寂しいのです。

 そこで、同じく香るアサギリソウ/サザンウッドと、アイビー(昨年5月に友人の結婚式で帰りに分けていただいたブーケから増やしたもの)を、寄せ植えしています。
 この鉢は風で倒れて割れてしまったのですが、捨てるのに惜しくて。欠けた部分をアイビーで覆っています。

 サザンウッドは成長が遅くて、あまり大きくならないのですが、メラレウカはいいかげん芯止めしないと、置き場所に困ります。でも、この美しい葉先を切るのが惜しい・・・。

Strobilanthes0905.jpg

 寄せ植えの素材は、花壇に下ろすこともしばしば。紫の葉が美しいストロビランテス・ディエリアナは、キツネノマゴ科で冬の寒さに弱いので、今年は消えるかも?と、昨年は花壇のアクセントに使ってましたが、どっこい越冬し、新芽が出てきました。

 こうなると愛着がわいてしまい、困ったものです。


投票お願いします♪ こちらもポチっと♪

Theme: ガーデニング « 趣味・実用

Tag: 寄せ植え ティーツリー

アブチロン救出大作戦
Tue.02.09.2008 Posted in 花木いろいろ
猛暑が帰ってきました。
先週いっぱい続いた凄まじい雨といい、極端なお天気ですね。

旅行で10日も留守にするより、この極端な天気の方が植物とっては酷なのかも。
この夏はいくつかの植物がお星様になってしまいました。

中でも毎年初夏から晩秋まで咲き続けたアブチロンが、たった一晩の水切れで逝っちゃったのにはショックでした。

元気なアブチロン

これは今年の5月に咲き始めた頃の写真。

昨年春に植え替えし、室内で冬越ししました。
夏になって時々乾かしすぎて葉がしおれることはありましたが、水をあげて室内に移動させると数時間で復活。7月終わりには株全体が真っ赤になるほど咲いたことも。

それが、8月中旬のある猛暑日、いつものように、うっかり水切れでしおれた株を室内で蘇生させようとしたところ、葉の縮れがみるみる広がり、その先はどんなに水をあげても、枝をすいても、水苔でマルチングしてみても、肥料を切っても、あげても、緑の芽が出てくることはありませんでした。

そこで、今日思い切って根鉢を抜いてみたのです。
すると、根がぎっしり詰まっていて、ほとんど土がない状態でした。しかも根鉢がモロい。
要は窒息した根が、壊死し、腐ったということでしょう。

そこで、ボロボロの細根と枯れた枝を刈り、バイオゴールドの土で植えてみました。元来丈夫な植物なので、どこかに生きてる組織があったら、そこから蘇生するかもしれないと思ったからです。

瀕死のアブチロン

ダメもとで、2、3週間は風通しの良い室内で、芽が出て来るのを待ってみます。

アブチロン・育て方の教訓>

・めんどうがらずに毎年植え替えること
・真夏は日陰で管理すること。
・朝夕ガッツリ潅水すること。
(旅行中は日当りの悪い風呂桶で腰水に浸けてましたが、枯れるどころか枝伸び放題)
・週1のこまめな液肥でお花鈴なり。
・真夏に強く剪定しないこと。(枯れこみやすい)
投票お願いします♪ こちらもポチっと♪

Theme: ガーデニング « 趣味・実用

Tag: アブチロン 水切れ 猛暑 植え替え 水やり

今年もユキヤナギ
Wed.02.04.2008 Posted in 花木いろいろ
ユキヤナギ

 亡き父が生前分けてくれた大切なユキヤナギです。
今年は3月中旬に満開を迎えました。

ユキヤナギ 
 一年に一度、しかも花期は長くありませんが、蕾が膨らんだら黒いアイアン・スタンドにセットして、やや高い位置で枝振りを楽しみます。鉢植えで育てると、繊細な感じに仕立てられます。

 花が終わったら剪定ですね。2年目以降の枝の方が花付きが充実するようなので、あまり切りすぎないようにしなきゃ。

lilac-wonder08.jpg

 捨てた(?)球根シリーズ。ライラックワンダーが咲きました。
株は増えませんが、毎年元気な顔を見せてくれます。
投票お願いします♪ こちらもポチっと♪

Theme: ガーデニング « 趣味・実用

Tag: ユキヤナギ ライラックワンダー

春の気配
Sun.10.02.2008 Posted in 花木いろいろ
とんだご無沙汰をしております。
このは都内でもよく雪が降り、昨年とは大違いの寒~いですね。

そんな寒さに負けず、ユキヤナギカロライナ・ジャスミンの蕾が日に日にふくらんでます。

yukiyanagi08.jpg
ほら、ぷっくりしてきました。
このユキヤナギは昨年春に植え替えしたので、今年の蕾は数が多いようです。亡き父が生前に分けてくれた、大切な鉢なのです。


carolina-jasmin08.jpg
雨樋に絡ませている、カロライナ・ジャスミンの蕾です。
春にはほんのり良い香りの黄色い花を、沢山つけてくれるでしょう。
黄色い柱のようになってくれればいいな。

投票お願いします♪ こちらもポチっと♪

Theme: 樹木・花木 « 趣味・実用

Tag: ユキヤナギ カロライナ・ジャスミン

この春のユキヤナギ
Sun.30.04.2006 Posted in 花木いろいろ
 大変ご無沙汰してしまいました。すっかりサボリ癖がついてしまいましたが、春真っ盛りでブログの書きがいある季節になってきたので、ゆるゆると再開したいと思います。

いろいろ書きたいことはあるのですが、撮りためた写真の中から、まずは大好きなユキヤナギを取り上げてみたいと思います。



 これは3月初めの頃の写真。花芽が大きくなってきたところです。

yukiyanagi1.jpg

 満開になったのは3月の終わりです。長いこと植え替えもしていませんが(鉢を壊さないと抜けないのです)、年に2回肥料を与えて、花後に剪定するだけで毎年咲いてくれます。つくづく日本の気候にドンピシャの花木は育てるのが楽だということを実感します。
地植えにすると大変大きくなりますが、鉢植えにすると繊細な枝振りが楽しめます。

yukiyanagi2.jpg

 花が雪のように散って盛りを過ぎたら切り詰め、お礼肥をします。すると数日で、こんなに新芽を吹くのです。この鉢は実家の庭にあったものを、亡き父が株分けしてくれたもの。だから私にとって特別な鉢なのです。
投票お願いします♪ こちらもポチっと♪

Theme: 樹木・花木 « 趣味・実用

アブチロンもお引っ越し
Sat.19.11.2005 Posted in 花木いろいろ


 この数日、東京はめっきり寒くなりました!夜間、寝室の温度でさえ10℃を切ってます。戸外の地面に近い所はそろそろ1、2℃でしょう。
 もういつ霜が降りてもおかしくないので、今日はアブチロン/ドワーフ・レッドを取り込みました。
 取り込む前に枝をかなり切ったので、見た目も寒々しいです。

 他にも植え替えとか鉢上げとかやりました。真っ昼間は背中に太陽が当たるので暖かいです。てか、汗かきました。(;~▼~;)
 このネタは後日小出しに。

 そうそう、念願の室内温室を買いました!でも、小さいのでストレリチアは入りません。組み立てに時間がかかりそうなので、設置は週明けになりそうです。

  冬支度が盛り上がってまいりました♪♪\(^ω^\)( /^ω^)/♪♪
投票お願いします♪ こちらもポチっと♪

Theme: ガーデニング « 趣味・実用

NEXT PAGE »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。